関東の人気校パンフセットをもらう
関西の人気校パンフセットをもらう

※人気な専門学校5校の資料をまとめてもらえます。

  1. NEWS 新着情報 2019.12.9 最新記事「パティシエになるにはいくら費用がかかる?」をリリース!

ブーランジェ(パン職人)になるには

line

ブーランジェ(パン職人)になるにはどうしたらいい?

パン職人(フランス語でブーランジェ)になりたいひとは、どうやったらなれるのでしょうか。

朝食の定番として多くの人が口にする機会の多いパン。
日本人に馴染み深い主食の一つとして、現在では様々な種類のパンが作られています。
そんなパンを丹精込めて作っているのがパン職人です。
焼きたてのパンを楽しみに買いに来るお客さんのために、朝早くから豊富な種類のパンを仕込んでいます。
ここではそんなパン職人になるための方法について詳しくお話ししていきます。
ブーランジェ

ブーランジェ(パン職人)の職場や仕事内容

ブーランジェは技術がモノをいう職人ですので、学歴ではなくその人が持つスキルが大切になってきます。
言ってしまえば、中学や高校を卒業し、そのままパン屋に就職してでも、十分な経験を積めば、ブーランジェとして仕事をすることは可能です。

ただし、長い目で見たとき、スキルを磨けばそれだけでブーランジェとして活躍できるというわけではありません。
ブーランジェとして活躍していくには、パンを作る技術以外に、経営やその他に関わるビジネス知識が少なからず必要になってきます。
将来、独立・開業したいなら尚更資格を持ったり経営などの勉強したほうがよいといえます。
中学校や高校ではそういった、パンの技術やパンに関わるビジネスの知識を身に付ける授業はありません。

一方、専門学校ではパンを作る技術はもちろんのこと、様々な関連する知識やノウハウを授業を通じて身につけます。
これを踏まえると、専門学校に入学してのが1つの近道だといえます。

パン職人として仕事に従事する際には必ず資格がなければいけないものではありませんが、実際にどの程度のスキルを持っているのかを判断するためにも良いとして注目されているのがパン製造技能士です。
パン製造技能士は国家資格であり、どの程度の技術を有しているのかを把握するためにも役立つ資格とされています。
さほど難易度が高くない資格とされているため、パン職人として活躍している方はぜひ取得を目指していただきたいものです。

しかし、「パンの専門学校に行くための金銭的・時間的な余裕がない」「住んでいる地域には専門学校がない」「早く現場に出て仕事をしてみたい」という人の場合、専門学校には行かずにパン屋に就職して実際の店舗で修行をするという道もあります。
パンづくりの技術習得にはかなりの実務経験が必要です。したがって、入職は若い方が有利といえます。
ただし未経験からの場合、アルバイトから正社員になるのに苦労したり、独学の勉強が必要なのでその点が大変になります。

ブーランジェ(パン職人)になる方法

ブーランジェは技術がモノをいう職人ですので、学歴ではなくその人が持つスキルが大切になってきます。
言ってしまえば、中学や高校を卒業し、そのままパン屋に就職してでも、十分な経験を積めば、ブーランジェとして仕事をすることは可能です。

ただし、長い目で見たとき、スキルを磨けばそれだけでブーランジェとして活躍できるというわけではありません。
ブーランジェとして活躍していくには、パンを作る技術以外に、経営やその他に関わるビジネス知識が少なからず必要になってきます。
将来、独立・開業したいなら尚更資格を持ったり経営などの勉強したほうがよいといえます。
中学校や高校ではそういった、パンの技術やパンに関わるビジネスの知識を身に付ける授業はありません。

一方、専門学校ではパンを作る技術はもちろんのこと、様々な関連する知識やノウハウを授業を通じて身につけます。
これを踏まえると、専門学校に入学してのが1つの近道だといえます。

パン職人として仕事に従事する際には必ず資格がなければいけないものではありませんが、実際にどの程度のスキルを持っているのかを判断するためにも良いとして注目されているのがパン製造技能士です。
パン製造技能士は国家資格であり、どの程度の技術を有しているのかを把握するためにも役立つ資格とされています。
さほど難易度が高くない資格とされているため、パン職人として活躍している方はぜひ取得を目指していただきたいものです。

しかし、「パンの専門学校に行くための金銭的・時間的な余裕がない」「住んでいる地域には専門学校がない」「早く現場に出て仕事をしてみたい」という人の場合、専門学校には行かずにパン屋に就職して実際の店舗で修行をするという道もあります。
パンづくりの技術習得にはかなりの実務経験が必要です。したがって、入職は若い方が有利といえます。
ただし未経験からの場合、アルバイトから正社員になるのに苦労したり、独学の勉強が必要なのでその点が大変になります。

ブーランジェ(パン職人)の給料・年収

パン屋は開店が早いため早朝出勤が当たり前で、閉店後にミーティングをしたり新作のアイディアを練ったり翌日の生地の下ごしらえをしたりという残業もあります。月給は平均的には15〜25万円ほどになります。
厚生労働省の調査によると、パン屋で働く人の平均年収は、38歳でおよそ300万円ほどです。(平成25年調べ)
一般のサラリーマンからするとやや低めですし、小さなパン屋の場合は賞与なども見込めない可能性があります。

また、パン職人の場合、正社員以外の求人が多いのが現状です。契約社員やアルバイトとして働く人は多く、こういった待遇は時給制なのでさらに給料が低くなる傾向にあります。
パン職人の場合、高い収入を手に入れるためには、独立して自分の店を持ち、成功を収めるのが一番の近道です。
商品の値段の設定や従業員のお給料の金額を自分の裁量で決めることができるので、経営がうまくいけば収入の大幅なアップも可能です。
また、人によっては、パン教室を開催して講師としての副収入を得る人もいます。手作りのパン教室は近年人気の講座になっていますし、定期的な月謝が入るようになるため、副収入としては魅力的です。

さらに、パン教室を通してお店の宣伝をすることもできるため、お客さんを増やすためにこうした教室に力を入れているケースもあります。

ブーランジェ(パン職人)の現状と将来性

人気も需要も高まっており、トレンドの移り変わりも早く、どんどん新製品が開発されているパン業界。
それにともない、個人経営のパン屋も増え続け、競争は年々激しくなっています。また、工場で大量生産される安価なパンをスーパーやコンビニで買う人が増えている事実からも目を反らせません。
パン職人として1つ1つパンを手作りすることをキャリアのゴールとしたいのであれば、消費者のニーズにしっかりと応え、期待を超えるサービスや信頼、味を提供し続けることが必要です。パン業界が縮小することは考え難いですが、多くの競争相手がいる中で生き残り続けるための努力と工夫は、よりいっそう必要になってくるでしょう。

・パン専門店のパンが売れ続けるために
パンが身近になったことと併せて、いつでもどこでも購入できるようになっている点も見逃せません。
スーパーやコンビニで売られるパンは、安価で求めやすいことがメリット。一方、専門店であるパン屋のパンは少々値が張りますが、国産素材のみを使う、添加物を使用しないなど、職人それぞれのこだわりが詰まっています。手作りのパンで勝負するパン職人は、価格に見合う価値を創造し続けることが大切。お金を出してでも食べたいと思わせる味やオリジナリティーが求められます。

ブーランジェ(パン職人)が目指せる専門学校ランキング

ここまでブーランジェについてお話してきましたが、最後に、ブーランジェ(パン職人)を目指せる専門学校をまとめたので、学校選びの参考にしてみてください。
人気の学校や学費の安い学校が、ランキングとしてまとまっているのでわかりやすいです♪
製菓と製パン両方学べる専門学校もあるので、まだ製菓か製パンか迷っている人や資格を取りたい人もぜひチェックしてみましょう♪

ブーランジェ(パン職人)が目指せる専門学校ランキング
▼▼▼製菓・製パンをメインで学びたい人は下のボタンから探せます!▼▼▼

NEXT >>カフェスタッフになるには

メニュー

Copyright - 2018 パティシエになるには Copyright - 2018 パティシエになるには


TOP