関東の人気校パンフセットをもらう
関西の人気校パンフセットをもらう

※人気な専門学校5校の資料をまとめてもらえます。

  1. NEWS 新着情報 2019.12.9 最新記事「パティシエになるにはいくら費用がかかる?」をリリース!

パティシエの仕事と年収

line

【仕事】パティシエとは

【技術と発想が織りなす技を散りばめた洋菓子作りの職人】

パティシエは優美で洗練されたお菓子を作る夢のある仕事ですね。
パティシエはフランス語で「お菓子を作る人」という意味をもっており、日本では「洋菓子職人」というニュアンスで表されます。
フランスのお菓子に限った洋菓子職人ではなくてもパティシエと呼ばれています。
フランスではパティシエの地位は高く、職人は尊敬されて弟子を多く抱えているのが普通です。
海外で行われる権威ある洋菓子コンテストに、日本人のパティシエが何人も入賞してその職人が作るお菓子が飛ぶように売れています。
そのためパティシエには今までに無かった発想で洋菓子を作る能力が必要だと思われていますが、本来の仕事は毎日変わらずに定番商品のクオリティを保ちながら作り続けることです。
例えばクレームブリュレが有名なお店があるとして「今日は当たり!」「残念だけど今日はハズレ」と日によって味が違うなんて聞いたことありませんね。
毎日同じ味で提供して当たり前で、美味しい洋菓子を作り続けられる能力を持つ人がパティシエなのです。
パティシエになるには

【仕事】パティシエの活躍する場所は多い

パティシエの最終目標は自分のお店を持つことでしょうか。
その前段階にも色々な活躍場所があります。
まず洋菓子製造の専門店では小さな規模のお店だと仕込みから焼き上げ、デコレーションまでを一人で行います。 大規模な専門店では完全装備をして工場で作業を行うこともあります。
その場合多くは分担して作業に携わり、色々な種類のお菓子を作ります。
有名ホテルなどでデザートを担当する場合は生地の作成からデコレーションまで自分で行って特色を出せる職場もあれば、数人のパティシエと共に流れ作業でお菓子を作ることもあります。
パーティ用のお菓子を作るときは焼き菓子担当や生菓子担当など分担制になっていることが多く、非常に忙しいです。
有名ホテルのデザートはそれを目当てにお客さんが来るので、味はもちろんですが卓越した盛りつけのセンスが要求されます。
また厨房の手伝いやホールにて接客を行う場合もあります。

【仕事】勤務時間が長くなることが多い

パティシエの仕事は仕込みなどの関係から早朝の出勤が必要で、夜は閉店までお菓子を作っているので勤務時間が長くなりがちです。
交代制を敷いているところも多く、当番で仕込みを行うなど休養が取れるように工夫されています。
しかし自分にしか作れないお菓子がある場合は、やはり一人で担当しないといけないので、やりがいはありますが激務であることには変わりありません。 クリスマスなどのイベント時には帰宅できず、ずっとケーキを焼いている菓子店も多いです。
美しくて繊細で美味しいお菓子を作っているパティシエの仕事は、意外にも体力勝負なところがあるのです。
line

【年収】独り立ちするまでが大変なので覚悟が必要

パティシエとして一定の技術を身につけるには、かなりの時間がかかります。
修行中とも取れるので収入は良くありません。
働き始めて数年は年収が200万円に満たない人も多いです。
朝早くて夜遅く拘束時間が長いから、お金を使う暇もないと言うパティシエもおられますが、「一人前になる」という目標を持って努力できなければ続かない職業でしょう。
その「一人前」になっても年齢が約38歳での年収平均が300万円に届きません。
お菓子を作ることが好きで、創意工夫の精神を持ち続けて、なおかつクオリティも保つ仕事を続ける気力と体力が必要なのです。

【年収】色々な菓子店を渡り歩いて修行する人も多い

企業に就職した場合は、経験と実績に応じて昇進します。
それでも年収としては400万円から500万円止まりです。
企業で働くメリットは経営のノウハウを肌で感じながら学べるのと、有名なパティシエがいるところでは技術的なことを学べることです。 そのため色々なお店を渡り歩いて修行する人も多いです。
収入はアルバイト扱いなので時給ですが、正社員として雇われていても早朝から深夜まで働いて時給換算すると、アルバイトの方が割は良いと判断する人も多いので、アルバイトが低収入とは限らないのです。

【年収】オリジナリティのある商品を作成できれば年収アップに繋がる

名の知れたパティシエになるにはコンテストに入賞経験があったり、ヒット商品を作ることが近道ですが、言うほど簡単ではありません。
まずパティシエとしてお客様の支持を集めることが第一歩です。
「あなたの作るガトーショコラが食べたくて買いに来たの。」なんて言われたら本望ですね。
そのためにはお菓子を作ることが好きで努力を惜しまず、自分のお菓子を食べて貰って喜ばせたいという揺るぎない信念が必要です。
そのような人たちは早朝から深夜までのお菓子作りを苦にもせず精進して、先々で有名パティシエになって活躍しています。
しかし就職したパティシエの年収の頭打ちは意外に早く、男性は30代後半で伸び率が横ばいになります。
女性は年齢が上がってもある程度まで年収が上がったら、逆に下がってしまうことが多いので、若いうちに修行を積んで名をあげることを目標にしましょう。
パティシエは美的感覚を磨くことも大事なので、他のお店のお菓子を見に行ったり、購入して食べて研究するなど勉強熱心な人が多いので、休日はあっても無いような物かもしれません。
美術館巡りをしたり生花を活ける趣味を持つ人も多いです。
自宅でオリジナルのお菓子を試作する人も多く努力家で勤勉な人が多い職種です。

NEXT >>パティシエへのステップ

メニュー

Copyright - 2018 パティシエになるには Copyright - 2018 パティシエになるには


TOP